生理前の頭痛

生理前の頭痛

月経前症候群(PMS)は若い方を中心に多くの女性が悩んでいることです。現在では女性の50〜80パーセントが症状を感じていると言われています。
これは、生理によるホルモンバランスの乱れが最も大きな原因だと言われています。

 

生理前になると女性ホルモンであるエストロゲンの量が著しく低下します。ホルモンは全身に作用する物質です。そのため、PMSでは、体中でさまざまな症状があらわれます。例えばイライラする、落ち込む、理由もなく涙が出てくる、ニキビができる、便秘になる、腹痛や腰痛になる、そして頭痛などがあり、症状の程度も日常生活にほとんど支障をきたさない人がいれば辛くて動けないような状態になってしまう人まで個人差が大きいことも特徴です。

 

ほかにも、普段より化粧ノリが悪いと感じたり、食欲がなくなることもあります。

 

PMSによる頭痛は偏頭痛が多く、一部の人は緊張性頭痛と混合してあらわれる場合もあります。この原因は女性ホルモンのエストロゲンが減少し、それと共にセロトニンと呼ばれる神経伝達物質も減少するためです。

 

これらが減少すると、脳の血管が拡張しやすくなるため、脳血管が神経に触れることでズキズキと痛む頭痛が発生する条件になってしまうのです。

 

これらの症状は仕方がないと諦める人も多いかもしれませんが、治療を行うことがあります。最も一般的なものは症状が出た時に頭痛であれば頭痛薬を飲むことです。その場の辛さを和らげることができます。

 

生理前の頭痛記事一覧

月経前に頭痛がする方は多いんじゃないでしょうか。PMSの頭痛の多くは偏頭痛とされています。が、慢性的な頭痛には偏頭痛以外にも筋緊張性頭痛などがあります。この二つは症状も違いますし、対処方法も全く変わりますので注意してください。偏頭痛の場合偏頭痛の特徴は、こめかみのあたりがズキズキ痛む(脈にあわせて)吐き気をともなうなどと言われています。原因は、頭の血管が拡張したためです。拡張した部分が血管を圧迫す...

PMSの頭痛は偏頭痛(こめかみがズキズキする痛み)が多いようですが、慢性的な頭痛には、筋緊張型頭痛というものもあります。筋緊張型頭痛の場合偏頭痛の他に、「筋緊張型頭痛」と呼ばれるものがあります。筋緊張型頭痛の原因は「血行不良」が原因とされています。血の流れが悪いため、圧迫し頭痛がおきます。特に冷え性の方にあるようです。血行を良くするには、体を温める事が有効です。筋緊張型頭痛の対策のみ物等は冷たいも...