生理前の眠気

生理前の眠気について

生理前になると現れる様々な症状が、PMS、いわゆる月経前症候群です。
PMSの症状は、イライラしやすくなる、落ち込みやすくなるといった精神的な症状や、不眠や頭痛、便秘や下痢等、体調に現れる症状等、その症状は人によって様々です。
更に、毎月、同じ症状が現れるとは限らず、症状が出やすい月もあれば、殆ど出ない月もあるという事も珍しくありません。

 

 

そんなPMSの症状の中で、多くの人を悩ませているのが、眠気です。
普段よりも眠たい程度であれば問題はありませんが、中には日中に強い眠気を感じ、仕事や生活に影響が出てしまうという人も少なくありません。

 

 

生理前に強い眠気が起きる原因となっているのは、排卵日から生理が始まるまでの期間に、多く分泌されるプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの影響です。
黄体ホルモンが分泌される期間というのは、通常よりも体温が高くなりやすくなります。

 

 

人は、夜になると体の体温を下げ、それにより眠りに適した状態を作るのですが、黄体ホルモンが分泌されている期間は、夜になっても体温が下がらず、普段よりも眠りにくい状態になり、睡眠中に上手く疲れが取れない状態になってしまいます。

 

その疲れが翌日の日中に持ち越されてしまう為、普段よりも日中に強い眠気を感じるようになってしまいます。
PMSで日中に眠気を感じると、その眠気を取り除く方法を考える人は少なくありませんが、眠いと感じる場合、夜の睡眠を見直してみる事がお勧めです。

 

 

 

生理前の眠気記事一覧

生理前に眠れなくなることを月経不眠症といいます不眠症も生理前緊張症候群(PMS)の症状の一つです。排卵から月経までの間を黄体期とよびますが、この期間に増えるのが黄体ホルモン(プロゲステロン)です。プロゲステロンには睡眠作用があるため、多く分泌されるこの期間は眠くなりやすいそうです。が、黄体期という時期は、体温が上がるため、普段より寝付きは悪くなりがちです。私達の体は、体温が下がると眠くなり、上がる...

月経前緊張症候群以外の眠気の原因とはなんでしょうか。月経前の眠気の原因は、ホルモンバランスの崩れが主ですが、それ以外の病気の原因は様々です。眠気から考えられる病気をいくつか載せてみます。うつ病うつ病の症状として夜中に目が覚める、眠りが浅い、朝早く起きてしまい眠れないなどの睡眠障害がよくあげられています。その他の症状は気分や意欲の落ち込みなどの精神的症状と、身体がだるい、食欲・性欲不信などの身体的症...