生理前対策 | 食生活の改善

生理前症候群(PMS)対策 | 1.食生活の改善

日常でできる月経前緊張症候群(PMS)の改善方法です。
食生活を改善することで、体質を変えて行きましょう月経前の食生活

 

 

月経前に食べておくとよい食べもの

 

 

  • 大豆・豆腐・納豆・みそなど豆類

     

  • にんじん・ほうれん草・かぼちゃ・オクラ・ブロッコリーなど緑黄色野菜

     

  • のり・わかめ・ひじきなどの海藻類

     

  • 玄米・そばなどの精製されてないもの

     

  • オリーブ油などの植物油脂

     

  • ビタミンB群(特にビタミンB6 唐辛子、にんにく、まぐろ、カツオ、牛肉(レバー)、鶏挽き肉など)

 

 

緑黄色野菜や海藻類にはミネラルが豊富です。
また、豆類には女性ホルモンによく似たイソフラボンが豊富に含まれるので◎
月経前にはビタミンB6が大量に消費されるので補うために摂りましょう

 

 

 

月経前は控えたほうが良い食べ物

 

 

白砂糖・塩分・カフェイン・アルコール・小麦粉とその加工品(パン・ケーキなど)

 

 

塩分のとりすぎはむくみにつながるので控えめにする。
カフェインには脳や筋肉を刺激し興奮させる作用があります。
コーヒーお茶類が有名ですが、チョコレートにも含まれているので注意しましょう

 

 

白砂糖や甘いものの取り過ぎは、注意が必要です。
白砂糖は急に血糖値が上げ、すぐ血糖値が下げてしまいます。そのため、疲労感やうつ状態になりやすいそうです。
甘いものが欲しい時は、果物、黒砂糖を選びましょう。

 

 

いずれの食べ物も、取り過ぎ、取らなすぎは危険です。
偏った食生活をしないよう気をつけましょう

 

 

生理前の症状 | 基本の対策カテゴリTOPへ