生理前症候群(PMS)の原因

PMS(生理前症候群)の原因は何でしょうか?
様々な説がありますが、まだはっきりとは解明されていないそうです。

 

 

主な原因の一つとして黄体ホルモン(プロゲステロン)の増減が影響されていると言われています

 

 

 

黄体ホルモンは排卵後、分泌が高まります。
そして月経が始まると急激に減ります。

 

体は急激な変化によってホルモンバランスが不安定になってしまいます。
このことから、黄体ホルモンの増加とPMSが関係しているのではないかといわれています。

 

現在のところ、このホルモンバランスを整えるケアをすることで
PMS(生理前症候群)の改善やケアができるとされています。

 

 

生理前の症状・対策TOPへ