生理前の下痢・腹痛

生理前の下痢・腹痛について

腹痛

 

生理が始まると、生理痛に悩まされるという人は少なくないでしょう。
ですが、生理が始まる前にも、腹痛等の症状を感じる人は少なくありません。
これは生理前症候群、PMSの症状の一つとされています。

 

 

PMSの症状は、腹痛や頭痛、吐き気や食欲増進等、体に様々な影響が出る他、集中力がなくなったり、無気力になったり、憂鬱になったりと、精神的に様々な影響が出る人も少なくありません。
これらの症状は、毎月必ず出るとは限らないだけでなく、月によって出る症状が変わる人も多く、生理が始まると同時に様々な不調が収まり、それがPMSだったという事に気づく人も少なくありません。

 

 

ただ、腹痛等、仕事や生活に影響が出やすい症状が続く場合は、PMSの症状の改善を目指す事を心がけておく事がお勧めです。

 

その一つが、日常のストレスの軽減です。
仕事や生活等で、ストレスを感じやすい状態が続いていると、症状が重くなってしまう原因となる事があります。
ですから、日常のストレスを減らすように、ストレス解消法を身につけておく事がお勧めです。

 

それにより、症状が出ても重くなり過ぎない状態を作る事が出来ます。

 

 

更に、バランスの良い食生活も重要になってきます。
ビタミンやミネラルをしっかりと摂取出来る食生活を心がけ、毎日の睡眠をしっかりとるようにする事で、PMSの症状の軽減に繋がります。
PMSで腹痛を感じる場合、その症状の軽減のみを意識する人は少なくありませんが、日常の生活やストレスについても意識しておく事がお勧めです。

生理前の下痢・腹痛記事一覧

生理前から生理前半に下腹部の痛みや下痢がおきる場合があります。これらの症状は、体が冷えることプロスタグランジンという物質が、生理前になると急激に増えることが原因です。このプロスタグランジンという物質は子宮の収縮を促して、経血を体の外に排出する役割がありますプロスタグランジンの量が多すぎると収縮が強くなり痛みが発生するそうですこれが、胃腸の動きにも影響を与え、下腹部の痛みを伴う下痢の原因になりますプ...