生理前(PMS)の症状

iraira

 

 

PMSと呼ばれる月経前症候群は生理開始日の1〜2週間前ぐらいから始まり、心身に症状が表れます。月経が開始されるとPMSの症状は消失します。

 

身体面に表れる影響は、頭痛や肩こり、腰痛、下腹部の痛み、便秘、肌荒れなど様々です。精神面に表れる影響で多いのは気分の落ち込みやイライラであり、毎月同じ時期にイライラしたり落ち込んでしまうことに悩む人も多いようです。

 

 

PMSの症状としてイライラしてしまうのは、プロゲステロンの分泌が高くなることが原因です。生理前にはもともとエストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れてきますので、心身に不調をきたします。これらのバランスが崩れる要因としては、冷えやストレス、生活習慣の乱れ、睡眠不足などが考えられます。特に自律神経を整える作用がうまく働かなくなると色々な症状が表れます。

 

 

PMSを改善したい時には、自律神経を整えなければなりません。日常生活の中で行える改善法としては、体を温めたり、ストレスを発散したり、適度な運動を行うといったことが有効です。

 

体を温めるいうのは下着を着用したりと物理的な面も大事ですが、それ以外にも食べ物で体を冷やすようなものは避けて、できるだけ体を温める食材を利用することが大切です。

 

また、ストレスは体にも良くありませんので、好きな音楽を聴いたりしてリラックスできる時間を持たなければなりません。運動では、新陳代謝を促進させて体内循環を促すことにより、調子を整えます。