生理前(PMS)の症状

過食

 

PMSは月経前症候群と呼ばれており、生理前に様々な症状が現れることを言います。
それらはホルモンバランスが乱れることで起こりやすくなり、人によっては症状を毎月実感してる人もいます。

 

イライラや不眠、むくみなど色々挙げられますが、その中でも特に我慢できないのが過食です。
食欲は欲求の1つでもありますから、食べたいと感じたとき、それを抑えるのはとても大変なのです。

 

そんな過食に対し、気持ちを落ち着かせるため、欲望のままに食べたいだけ食べるようにしてスッキリさせている人はなんら問題はありません。
しかし、食べまくったあとで必ず後悔してしまうという人は、食べるのを抑制するのではなく、できるだけ過食が起きないような対策を考えていきたいです

 

 

PMSですから、いつ起こるのかを事前に把握しやすいため、その時期になる前に対処していきます。
その方法として、症状を緩和するサプリメントを飲んだり、ホルモンバランスを整えるイソフラボンを含む食品を多く食べたりすることが効果的です。

 

 

また、日ごろから自律神経のバランスが正常になるよう、血行がよくなる軽い運動を生活に取り入れることもよい作用が得られます。
体を動かす習慣がないと血流は滞りがちになり、これに伴って自律神経が乱れやすくなっていきますので、その影響でPMSの症状もひどくなる可能性が高くなります。

 

 

運動をすれば自律神経のバランスがよくなってきて、生理の時期になっても過食はもちろん、イライラなども起こりにくくなるのです。
PMSによる過食を我慢するのはストレスが増加するだけですから、その前から症状が現れないようにすることが大切です。