腰痛から考えられる病気

腰痛から考えられる病気

腰痛の原因とは月経前緊張症候群だけではなく、、
骨や筋肉に異常がある場合・内臓の病気の可能性もあります。
腰痛から考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

腰椎椎間板ヘルニア

腰痛以外の症状として、下肢のしびれ・痛みがあります。
30〜40代によく発症するそうです

 

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

腰痛以外には、間欠性跛行(かんけつせいはこう)、足のしびれ・痛みがあります
また会陰部分にも異常が生じることもあります。

 

(間欠性跛行とは・・・痛みで歩行困難となるが、少し休むとまた歩行できるようになる。これを繰り返す)

 

 

脊椎分離症・すべり症

脊椎の関節突起が離れてしまっている状態です
先天性のものと後天性のものがあります。
後者はスポーツなどからくる疲労骨折が原因とされています
症状は腰痛・足のしびれなどがあります

 

変形性脊椎症

加齢により変形した椎間板や筋肉の衰えからずれが生じ痛みが発生します。
椎間が不安定のためぎっくり腰が起こりやすくなります。

 

脊椎腫瘍

背骨や脊椎周辺に腫瘍ができます。
初期症状は腰痛が多く、進行がすすむと運動麻痺や排尿障害があります

 

 

閉塞性動脈硬化症

主に足の血管が詰まり、重症だと壊死に至ります
50歳以上の男性に多い病気です

 

 

 

その他にも、膀胱炎などの泌尿器の病気や、胃潰瘍など消化器系の病気も腰痛の原因となる場合があります。
月経前以外にも症状が長引く場合は医師の診察を受けましょう。

 

 

生理前の腰痛カテゴリTOPへ

 

 

 

 

腰痛から考えられる病気関連ページ

生理前症候群(PMS)の腰痛