微熱が原因の病気

微熱から考えられる病気

月経前の微熱は、高温期が影響している場合が多いですが、
通常の微熱の原因はさまざまな病気が考えられます。

 

 

微熱から考えられる病気とはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

風邪

ウイルス感染により喉や鼻に炎症をおこします。
微熱以外には鼻水や、咳、くしゃみや体のだるさがあります

 

 

肺結核

肺に結核菌が感染した病気です。
微熱以外には、咳、たんがでる、血混じりのたんなどがあります。
初期症状は軽いため、進行するまで気が付きにくいので注意が必要です

 

 

慢性副鼻腔炎

蓄膿症とも呼ばれています
微熱以外の症状として、粘り気のある鼻水や頭痛、集中力の低下があります

 

 

慢性扁桃腺炎

扁桃腺が炎症を起こしています
微熱以外には、扁桃腺の腫れ、のどの不快感、体のだるさなどがあります

 

 

虫垂炎

いわゆる盲腸炎のことです。
微熱以外に、激しい腹痛や吐き気をともないます。

 

 

慢性膀胱炎

細菌の侵入により膀胱が炎症を起こしています。
微熱以外の症状は、排尿時の痛み、トイレが近い、血尿、膀胱の痛みなどがあります

 

 

尿路結石

尿路に結石ができ、排尿が困難となります
微熱以外には、排尿時に激痛があり、血尿を伴う場合もあります

 

 

慢性胆嚢炎

大腸菌などがたんのうで炎症を起こしています
微熱以外には、腹痛、吐き気などの症状があります

 

 

 

 

上記の病気以外にも、微熱には様々な原因があります。
微熱が1週間以上続くようなら、病院で医師の診察を受けましょう。

 

生理前の微熱カテゴリTOPへ

 

 

微熱が原因の病気関連ページ

生理前の微熱