男性更年期障害とは

更年期の症状 男性にもあるの?

更年期障害というと女性に起こる特有のものと考えがちですが、男性にも同じくあります。
発症の年齢には個人差がありますが老化に伴い発症の可能性が高くなります。

 

主な原因は男性ホルモンのテストステロンが激減することでホルモンバランスが崩れることが挙げられており、このホルモンが自律神経に影響を与えるため様々な不調や不快感が出やすくなります。

 

男性更年期の症状はほてり、のぼせを伴う全身倦怠感、頭痛などの身体的症状。性欲減退やEDの性機能に関する症状。不眠、食欲不振の精神的症状に加え残尿感や頻尿の泌尿器系症状があらわれ出し、その重症度にも個人差があります。またこのような症状が長く続く事で発症するうつは更に精神状態を辛くさせ日常生活や仕事にも大きな支障をきたしてしまいます。

 

 

男性更年期が女性の更年期と大きく違う所は周囲の人間、そして本人自身が男性更年期であることに気がつかないでいることが多いという点です。

 

世の中でもまだまだ男性更年期の認識は低く、原因不明の不調に苦しみ症状が重くなってから知ることが多いのです。そのため勧められるのが医療機関での検査で身体の状態をしっかり知ることです。

 

テストステロン濃度を測定することで男性更年期であるかどうかは判断できるとされており、男性更年期障害を専門に診ている医師もいます。専門家のアドバイスを受けることで、すぐに改善できなくても正しい対応や更年期の辛さを軽減できる方法を知り症状を悪化させずに付き合っていく事が重要です。