更年期障害の冷え性について

更年期の症状と冷え性について

若い時は、気にならない症状が色々と出てくるのが更年期の時期です。
女性の身体は、絶えず変化をしています。結婚や出産という大きな身体の節目を迎えます。最後は、閉経前後に更年期が訪れます。身体が、変化することで新しい悩みもでてくるものです。

 

 

更年期は、症状が千差万別と言われていますが手足の冷えもその一つになります。
若い時は、冷えなんて関係なかったと思う人でも閉経後には卵巣の働きが衰えて女性ホルモンの分泌を停止してきます。
このことが手足の冷えに関係しています。

 

 

エストロゲンの低減は脳の自律神経にも影響を与えるため、体温や発汗の調節が上手くできなくなります。
そのために、ほてりや手足の冷えになります。

 

 

この症状を緩和させるには、低減したエストロゲンを補う方法が一般的になります。
その中でも、有名なのが女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンがあります。そして、滋養強壮に効果が高いマカも冷えには最適です。
マカは、ホルモンバランスを整える働きをして自律神経の乱れを改善したり、血液の循環をよくする作用します。

 

このような、健康食品で更年期を上手く乗り切ることが大切です。
更年期の時期は、個人差がありますが症状がひどい場合もあり、うつ病になることもあります。しかし、必ず終わりが来るのが更年期です。諦めずに、サプリメントなどで緩和させていくことも一つの方法です。