更年期障害の肩こりについて

更年期の症状と肩こりについて

更年期とは卵巣機能が低下していき女性ホルモンが急激に減少し始め閉経するまでの期間をさします。
くの女性は50歳前後で閉経を迎えるため、45歳〜55歳くらいまでの期間を更年期とされています。

 

更年期になるとことで、顔の火照りなどといった様々な症状が現れやすくなりますが、「肩こり」も症状のひとつに当てはまります。肩こりというと年齢に関係なくおこるものと思いがちですが、若いころに肩こりの症状が現れにくく、年齢を重ねると共に症状を感じているようであれば更年期が原因になります。

 

更年期の肩こりの原因

 

なぜ更年期が原因で肩こりを起こしやすくなるのかは、女性ホルモンの分泌が急激に減少することで血液の循環が悪くなってしまうからです。

 

血流が悪くなること筋肉は酸素や栄養が不足になってしまい硬くなり、また筋肉が衰えてくることからコリや痛みといった症状が感じやすくなってしまいます。

 

 

 

更年期肩こりの対処法

 

辛いコリや痛みを解消するには、肩を温め血行を良くすることが大切です。

 

更年期になってくると低体温になる女性も多いので、冷え性となり、余計にコリも痛みも感じやすくなってしまうので、若いころはシャワーで十分と思っていた人も湯船に浸かるように心がけ、体を温めるようにしましょう。

 

湯船だけでなく、蒸しタオルやカイロなども使い、コリの辛い部分を中心に温めるのも良いでしょう。あとは、同じ姿勢をしないように心がけストレッチをしたり、バッグなどを片一方に持たないように気をつけ肩に負担をかけないように心がけることも大切です。