更年期障害とのぼせについて

更年期の症状とのぼせについて

女性の40歳代なかばから、50歳代なかばまでを、更年期と言います。
この時期の見られる、様々な体調の不良を更年期障害と言います。この時期になると閉経なども経験します。

 

 

更年期障害では、のぼせの症状から更年期を感じる人が多く、涼しい状況でも頭がボーっとしたりして、体の不自然さを感じます。
またのぼせだけでなく、ホットフラッシュと言う、じっとしていても多量の汗をかくことがあります。寝ていても体が熱くなり、寝巻きが濡れてしまうほどの汗をかく人もいて、とても不快な状態です。
肌もくすんできて、張りやつやが失われがちになります。

 

 

更年期障害と言うのは一種の老化現象であり、婦人系の器官の衰えと言えます。卵巣から出ているエストロゲンと言う女性ホルモンの排出量が極端に減ってしまうことで、今まで普通に機能していた自律神経系統が上手く動かなくなってしまうことで起こります。

 

 

これらを改善するには、女性ホルモンの投与が一番確実です。女性ホルモンを定期的に打つことで、閉経の時期を遅らすことも出来、更年期障害の症状を抑えるほか、肌の張りやつやも甦ります。
女性ホルモンの投与には、筋肉注射で行うものと、シールを腹部付近に張り続けるものとがあります。シールはエストロゲンが含まれていて、経皮的に吸収され血行に乗り効果を出します。しかし、子宮筋腫などがある方には、子宮筋腫を大きくしてしまう副作用が出てしまうので、長期使用がお勧めできません。

 

のぼせなどの更年期症状の緩和には、大豆イソフラボンの効果が大きいと言われています。