更年期障害と疲れやすさについて

更年期の症状と疲れやすさの関係

女性が閉経(50歳前後)を迎え、女性ホルモンのひとつであるエストロゲン(卵胞ホルモン)が急激に低下する時期を更年期と称します。
中でも医師から「更年期障害」と診断される女性は約2〜3割で、心身の不調を呈することがあります。

 

 

また、更年期は決して女性だけに訪れるものではありません。男性でも40歳以降、加齢やストレスが原因で男性ホルモンであるテストステロンの分泌が低下して、何らかの症状が出現する人もいます。
更年期障害の症状は人によって千差万別で、脈が速くなる、動悸がする、血圧が激しく上下する、腹痛、微熱、ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、多汗、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、不眠、口が渇く、のどがつかえる、息切れ、下痢、便秘、腰痛、しびれ、知覚過敏、関節痛、筋肉痛、性交痛など様々です。

 

また、更年期を迎えるとホルモンバランスが乱れ、自律神経のバランスも崩れ、それとともに代謝も低下します。したがって、エネルギーを生み出す力が弱まり、疲れやすいというという症状が現れやすくなります。他の症状が現れていなくても、疲れやすいという状態が継続的である場合は、すでに更年期に入っている可能性もあります。

 

 

しかし、必ずしも疲れやすいからといって更年期であるとは言い難く、内臓の病気や甲状腺の病気、うつ病などの場合もありますので、自己判断せず、医師の受診が必要だと言えます。症状を改善するためにはホルモン治療や漢方を配合した健康食品など、さまざまな選択肢があります。