更年期障害の薄毛・抜け毛について

更年期の薄毛症状について

更年期になると体の不調がさまざまな部分にあらわれますが、見た目にも影響を及ぼします。中でも一番目立つのが薄毛です。

 

女性の場合男性と違って頭皮がむき出しになるような薄毛にはなりませんが、全体量が少なくなって髪のボリュームがなくなり、髪の毛のコシやハリもなくなるため、老けた印象を与えてしまいます。

 

更年期の薄毛はびまん性脱毛症といって、女性ホルモンの減少によって起こる症状です。体内にある女性ホルモンが減少して男性ホルモンが強くなると、頭皮と育毛に関わる細胞に影響を与えて毛が抜け落ちるようになります。女性の場合は更年期で女性ホルモンが減少すると言っても、ある程度の量は保たれているので、頭がきれいにはげ上がるといった心配はありません。

 

しかし薄毛は実年齢よりも歳が上に見られるようになるため、薄毛に気が付いたときはとてもショックを受けてしまいます。
びまん性脱毛症は薄毛の原因を取り除いて対策をしっかり行なえば改善できる症状です。

 

更年期の場合、まずは女性ホルモンの量を安定させるようにしましょう。大豆イソフラボンなど植物性エストロゲンを補給するとホルモンの安定が期待できます。大豆を原料としたきなこやおから、厚揚げなどは成分を吸収するのに最適な食品です。また、体を冷やすこともホルモンのバランスを崩す原因になり、冷えは代謝が悪くなるため体を温かくしておくことが大切です。重ね着などをして暑くなったらすぐ脱げるように体温調整しやすい服装にしておくと、冷えとのぼせの両方に対応できます。