更年期障害とうつ症状について

更年期障害とうつ症状について

女性は、出産という命を授かりまた育てるという使命があるためにとてもデリケートにできています。そして、閉経の際に更年期というのが待っています。

 

 

閉経を迎える前後の約10年間が更年期と言われていますが、個人差がありこの期間に限られていません。
閉経すると、1番変化するのが女性ホルモンの分泌の減少です。これまで、身体をまもり子供を作る機能がなくなります。

 

 

それに対して、脳の機能がまだ馴染むことができずに色々と身体に不具合がでてきます。
その一つが、自律神経のバランスが崩れ更年期うつと言われるものです。

 

 

このうつ病になる人は、家庭でのトラブルも関係しています。
ちょうど、育児が終わり、子供が成長することで自分の今までの母親としての立場がなくなることへの虚しさもあります。
うつ病になると、無気力になり自分を否定してしまいますが、今は病院でいい治療薬があります。
自分では、気がつかない場合があります。うつ病は、1番に家族の理解が大切になります。

 

 

うつ病は、誰でもなる事が多い一般的な症状です。仮にうつ病になっても、これも更年期の一つと捉えて治療をして治すことです。今は、治すことができる薬がたくさんあります。必ず、自身の症状に合うものがあります。
更年期は、女性にとって閉経という作業が終わり、人生の次のステップにいくために準備期間になります。
そう考えると、人生はまだこれからだと思うことができるはずです。
次のステージが待っています。