更年期障害の頭痛について

更年期の頭痛の症状について

更年期の頭痛に悩まされている方も多いですね。
私の場合は、生理前の頭痛はこめかみが痛くなるような頭痛がありましたが、
更年期に入っての頭痛は、なんとなくズキズキどくどく痛みを
感じることが有りました。

 

 

 

更年期の症状には確かに頭痛はあるのですが、
頭痛は更年期以外にも他の病気である可能性もあります。
ここで代表的な頭痛の種類を見てみましょうか。

 

 

「片頭痛」

 

更年期に入ったばかりの時期や生理開始直後など、エストロゲンの分泌量に変動があると片頭痛が起こりやすくなるといわれています。

 

こめかみのあたりがズキンズキンと脈打つように痛みます。
時間は比較的短めですが、激しい痛みで寝込んでしまう方も多いです。
合わせて吐き気を伴う場合もあります。

 

 

片頭痛への対策

 

アルコール特に赤ワインに含まれるポリフェノールが片頭痛を起こしてしまう場合もあります。
また、食品に使われている防腐剤(亜硝酸ナトリウム)なども誘発されやすいようです。

 

片頭痛の予防

 

サプリメントや食品でビタミンB2やマグネシウムを補ってあげると効果的といわれています。

 

ビタミンB2を含む食品
レバー、うなぎ、納豆など大豆食品、牛乳などの乳製品、小松菜ほうれん草など葉野菜

 

 

マグネシウムを含む食品
大豆、アーモンドなどナッツ類、海藻類、緑黄色野菜など

 

 

 

「緊張型頭痛」「肩こり頭痛」

 

日本人に一番多いタイプの頭痛です
ストレスが原因とも言われていて、首から方の筋肉が緊張して
頭を締め付けられるような頭痛が続きます。

 

後頭部が痛むことが多く、偏頭痛よりも長時間続く場合が多いです。

 

 

緊張型頭痛は、筋肉の血流が悪くなり老廃物がたまることが原因で
痛み出すと言われています。

 

肩こりの原因と同じですね。
パソコンなどを長時間作業していたり、運動不足の方はよくなりやすいようです。

 

 

緊張型頭痛の対策

 

 

  • 筋肉をほぐしてあげること
  • ストレスの解消

 

ずっと同じ姿勢をとるのはやめて、時々伸びをしたり軽いストレッチをしましょう。
またお風呂で首や肩までをゆっくりマッサージするのもおすすめです。

 

運動不足気味の方はウォーキングや寝る前のストレッチを習慣にすると
予防につながります。

 

 

 

頭痛の中には脳出血やくも膜下出血などの病気の可能性がある
頭痛もあるので、
ひとくくりに更年期だから・・・と思ってしまうのは危険です。

 

頭痛以外にも、
吐き気や嘔吐、手足のしびれ、ろれつがまわらない、高血圧である
といった症状がある場合は
自己診断せずに必ず病院で医師の診察を受けるべきです。